「ドワーフの遺産と、それがもたらした事象」(暁の数珠)

ドワーフの遺産と、それがもたらした事象

ドワーフの遺産と、それがもたらした事象

サークル: 暁の数珠
サークルHP:
発売日: 2021年07月01日 0時
ジャンル: ファンタジー 洗脳

人間と亜人がそれぞれ存在し、武器と魔法を駆使して共に魔物達からの脅威に対抗し生きる、幻想世界ファリアローク。
 そこには大昔、現代技術を遥かに超越したドワーフ達の文明が築かれていた。
 ドワーフ達は、人間の女性を模った機械人形、ロボットを製造し、それに連なる様々な技術も開発していた。
 そんな世界で起こった、ロボットに連なる様々な出来事を綴った話です。

 今回は、機械化された者も、純粋なロボットも両方出ます。

 pixivにて、1話を公開しておりますので是非ご覧ください。
 
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=15472312

 もし何かあった場合は、順次作者にご連絡ください。

形式:PDF

ページ数:縦版169   横版75

1話

 怪物が貯めこんだ財宝があるという噂を聞き、とある洞窟へ訪れた女盗賊のイレール。
 その奥で偶然にも、ドワーフの遺跡への入り口を見つけ出し、これは金になると足を踏み入れると、その途中でロボット同士の倒錯した絡み合いを目撃し……

2話

 凶悪な蜘蛛の魔物、ペスキュラスの討伐依頼を受けた、二人の冒険者のライアンとニコラス
 だが、二人だけの力では間違いなく突破は不可能。そこで二人は、使い捨ての道具として、四体の擬似人格が搭載されていないロボットを購入し、目標の潜む洞窟へと向かった……
 
 

3話
 
 故郷を飛び出し冒険の旅に出た、女戦士のセシリアと魔法使いのメリアム。
 そんな二人は、新しくトルテノスという街を訪れ、そこで新たなクエストを受け持った。
 それは、新しく発見されたドワーフの遺跡内のロボットや製造物を破壊回収問わず一掃してほしいというものだった。
 二人の故郷では、ロボットは取るに足らない存在。報酬も高く、余裕だと高を括っていたが……

4話

 ロボット達に他種族の男達の精を意図せずことごとく奪われ、収穫量が減ってしまっていた、サキュバスのペルメール。
 恨み節をこぼしていたところに、友人のマリーナが、より精液を奪えるように、新しく見つかったドワーフの遺跡に行って研究してみてはどうかとそそのかされ……

5話

 機械令嬢とも揶揄される、カティサル王国の貴族エリアーヌ。
 彼女は購入した奴隷を中心に様々な人物を機械化し、ロボットとして忠誠を誓わせては、自ら壊れ壊される様を見て愉悦に浸っていた。
 そんな中、買われた奴隷の一人である、エルフのアリゼが脱走。その先で、ボロボロの状態でエリアーヌに捨てられた、元エルフのロボットであるテレーズと偶然出会い……

「ドワーフの遺産と、それがもたらした事象」の続きはこちら