「告白する勇気がないのでデートレイプドラッグ使った」(AntiDying)

告白する勇気がないのでデートレイプドラッグ使った

告白する勇気がないのでデートレイプドラッグ使った

サークル: AntiDying
サークルHP:
発売日: 2020年10月03日 0時
ジャンル: 中出し 妊娠/孕ませ 拘束 強制/無理矢理 レイプ 薬物 先輩/後輩 OL

どうしてもあいつが好きでエッチしたいから・・・

身近に好きな女の子がいる。職場の後輩の吉岡だ。
友達として、同僚としては仲良くできているし、仕事で頼られてもいる。
勘違いかもしれないが、吉岡の方も俺に好意を持ってくれている気もする。
でも、あと一歩が踏み出せない。断られて関係が崩れることを考えると告白する勇気が持てない。
というか童貞の俺にはここからどうすればいいのか全く分からない。
会社の飲み会とかでは毎回、勢いで一夜限りの関係なんてのを期待するけど、成功したことは一度もない。
このままじゃだめだ。限界だ、どうしても吉岡とエッチがしたい。関係を持ちたい。
いっそ無理やりにでも…
薬で記憶をあやふやにして一線を越えさえすれば、なんとかなっちゃうんじゃないか。
うまくいけばそのまま付き合うことだって…
だから俺はデートレイプドラッグを使うことにした。
〇作品仕様
画像サイズ:1920×1200
基本CG19枚+α
本編CG枚数131枚(差分込み)
+文字なし版収録
PDF同梱
サークル:AntiDying
著者:藤味

告白する勇気がないのでデートレイプドラッグ使った 告白する勇気がないのでデートレイプドラッグ使った 告白する勇気がないのでデートレイプドラッグ使った 告白する勇気がないのでデートレイプドラッグ使った 告白する勇気がないのでデートレイプドラッグ使った 告白する勇気がないのでデートレイプドラッグ使った 告白する勇気がないのでデートレイプドラッグ使った

「告白する勇気がないのでデートレイプドラッグ使った」の続きはこちら