「絶頂脱出ゲーム「機械姦編」ROOM16~ふたなりシゴキ~」(人工美少女製作所)

絶頂脱出ゲーム「機械姦編」ROOM16~ふたなりシゴキ~

絶頂脱出ゲーム「機械姦編」ROOM16~ふたなりシゴキ~

サークル: 人工美少女製作所
サークルHP:
発売日: 2018年09月01日 0時
ジャンル: 汁/液大量 ボンデージ スカトロ 機械姦 ごっくん/食ザー ふたなり

長い長い旅路の果て、ついに目的地にたどり着いた「花町なずな」。
排泄絶頂地獄を味わい、しっかり全身を糞尿漬けにされてしまった。

自動洗浄機能が働き、隅々まで汚れを落とされる。
しかし染み付いた排泄臭は依然として残ったままだ。

激しい絶頂の中、既に気を失っていた彼女の目は覚めない。
ようやく意識を取り戻したのは逆さ吊りにされた後だった。

そして謎の人物に出迎えられるなずな。
彼女を「注文」した人物だ。

正体は不明だが声は加工されてはいなかった。
どうやら老齢の男性のようだ。

男性から再びゲームを申し込まれる彼女。
当然ながら頑なに拒否した。

同意を得られないため、拷問が開始される。
ふたなりチ○ポへの「かゆみ責め」だ。

強力なかゆみ液が塗布され、尋常ではない痒みに襲われる。
両手が拘束されているため、掻きむしることができない。

ゲームを受け入れない限り、永遠にこのままだ。
何度も何度もかゆみ液を塗布され、ついに音を上げる少女。

泣きながらチ○ポコキを懇願し、ゲームを受け入れた。
凶悪な機械に挟まれた哀れなふたなりチ○ポ。

動き出す機械、少女の口から絶頂の嬌声がわなないた。
既に限界だったチ○ポを激しく擦られ射精したのだ。

もちろん、一回の射精で終わるはずもない。
ここから「連続射精拷問」の始まりだ。

ザーメン水槽が起動し、吐精した精液を閉じ込める。
彼女が自分の射精したザーメンで溺れるのも時間の問題だ。

ついには口元まで達し、溺死寸前に追いやられる。
窒息しないように必死にザーメンを飲み込んでいく。

しかし、それでもいずれは限界が訪れる。
急に暴れだした少女の肛門が開いていき―――。

作品形式:テキスト/セリフ付CG集

作品枚数:オモテ1枚+基本CG1枚+差分22枚(全24枚)

CG解像度:1920×1080ピクセル(16:9/フルHD)

絶頂脱出ゲーム「機械姦編」ROOM16~ふたなりシゴキ~

「絶頂脱出ゲーム「機械姦編」ROOM16~ふたなりシゴキ~」の続きはこちら