「畜娼妻」(九の門)

畜娼妻

畜娼妻

サークル: 九の門
サークルHP:
発売日: 2021年11月01日 0時
ジャンル: 人妻 ガーター 寝取られ 中出し 強制/無理矢理 獣姦 異種姦 巨乳/爆乳

メス以下に堕ちていく平凡な主婦

ページ数:42p
グレースケール

ストーリー)
平凡な日常を送る主婦早川 美佐代(32歳)には、最愛の夫とその間に生まれた一人娘の亜矢がいた。
近所には、孤独な初老の男 須藤とその飼い犬のマークが住んでいた。
ある日須藤の計略に落ち、拉致されてしまう。
恥ずかしい姿で目覚めた美佐代の前には、須藤とマークの姿が。
須藤は淡々と語りだす、自分の過去と今となっては唯一の家族である犬のマークに起きた出来事を。
マークはなくなった須藤の奥さんを慰める用に飼われていたオナペットであったこと。
最近になり、美佐代とその娘亜矢に発情するようになったことを。
亜矢を守るためという理由に、美佐代にマークの相手をするように迫る須藤。
拒否する美佐代。だが、美佐代には人に言えない秘密が。
亜矢が生まれてから夫とはセックスレスで、脂がのった身を持て余せていたこと。
孤独なうづきを慰めるために、いろいろなオモチャを買っては一人股間を濡らせていたこと。
そして、経済的に苦しい家計であったこと。
いろいろと誘惑を持ち掛け、マークとの関係を持つことを依頼するが美佐代は踏ん切りがつかなかった。
なぜ私が犬に、しかも躰を売るような真似を。
だが、マークはもう我慢できなくなっていた。
身動きができなくなっている美佐代に近づくと、普通の犬とは比べ物にならないサイズの肉茎を怒張させ伸し掛かっていく。
拒絶する美佐代の股間に怒肉を押し付けると一気に彼女の中へとねじ込んだ。
激しい獣動に動揺する美佐代。オモチャとは違った今まで感じたこともない衝撃が脳髄まで貫く。
ここから、獣に犯されながらも人としての尊厳を守ろうとする心と家族への愛。それとは裏腹に、これまで隠していた淫性がじわじわと下腹部の奥を痺れさせていく。
彼女の選ぶ道は、愛する家族と歩む人としての平凡な日常か。それとも、ケダモノ以下に堕ち、犬に体を売る畜娼として快楽をむさぼる浅ましい畜生道か。

畜娼妻 畜娼妻 畜娼妻 畜娼妻 畜娼妻 畜娼妻

「畜娼妻」の続きはこちら