「母さんと配達員のお兄さんの不倫を二度も奴らに見せられた僕」(maple号)

母さんと配達員のお兄さんの不倫を二度も奴らに見せられた僕

母さんと配達員のお兄さんの不倫を二度も奴らに見せられた僕

サークル: maple号
サークルHP:
発売日: 2020年09月25日 16時
ジャンル: おっぱい 浮気 中出し パイズリ フェラチオ 人妻 巨乳/爆乳 ムチムチ

奴らの罠にハマり、清楚な人妻が配達員のお兄さんと…

主人公よわ太はその日も
不良コンビ「ブクオ」と「ヒドキ」の標的にされていた。
暗がりで2人はよわ太の金銭を奪おうとする。
しかし強情に応じないよわ太。
そこで、ブクオはあるものをよわ太に突き付けた。
取り出したのは1台のスマートフォン。
その画面に映っていたのは何と、よわ太の母ユサ美!
風呂に入ろうとするユサ美を窓から盗撮していたのだ。
驚くよわ太。
「まさか…!その写真を…」
「いや、ただばら撒いたって面白くねえ。
 味わってもらわねーとな?
 …お前の父ちゃん以外の男に?」
ブクオの不敵な笑みに恐れおののくよわ太。
この後、その写真を使いブクオとヒドキは
母ユサ美と「ある人物」の白昼の不倫劇を演出する。
そして、よわ太はとんでもない悪夢を見せつけられることに…
その後ブクオとヒドキはよわ太の家を訪れ
写真を見せユサ美を脅す。
今からやってくる配達員の男性の前で
辱められろというのだ。
さもなくばこの写真をばら撒いて…。
それで済むならと、
ユサ美は配達員の前で
ヒドキに胸を揉まれる。無邪気な息子を装って。
ふざけるヒドキの足が麦茶のポットに当たり
配達員のお兄さんの服が濡れてしまう。
服を洗濯するため一旦風呂場に移動するお兄さん。
ドア越しにユサ美とお兄さんが会話をしていると
今度は旦那を装ったブクオが登場。
いきなりユサ美を怒鳴り、ほおを叩くような音が響く。
そして風呂場にお兄さんがいるにもかかわらず
ブクオはユサ美の股に大人の玩具を押し当てる。
振動に我慢できなくなりユサ美はいやらしい喘ぎ声を上げてしまう。
その声に焦りながらも興奮してしまうお兄さん。
ユサ美が絶頂を迎えそうになったその時ブクオは
手を止めその場を立ち去ろうとする。
そして去り際、ユサ美にこう投げかける。
「いいか?1週間、家空けるから、
 ちゃんとそれまでに他の男に抱かれとけよ?」
なぜかブクオは寝取られ願望のある旦那を装って
ユサ美を辱めていたのだ。
ブクオが立ち去った後、
そおっとドアを開け、ユサ美に声をかけるお兄さん。
ユサ美は、
「ごめんなさい…うちの人いつもあんなで…」
写真をばら撒かない条件は
お兄さんの前で胸を揉み、大人の玩具で辱める事だった。
それが終わったため安心しきっていたユサ美だったが、
次の瞬間、お兄さんから予想外の一言が、
「奥さん!ぼ…僕でよければ!お相手しますよ!!」
「え…?」
ユサ美に対しひどい扱いを行なった旦那。
その旦那に再びひどい事をされないため、
配達のお兄さんはユサ美に不倫を持ち掛けたのだ。
それが偽の旦那とも知らず。
ユサ美はお兄さんの申し出にタジタジになるが
最後は押し切られ、なんと風呂場で
白昼の不倫を行なってしまう。
ユサ美の巨乳、
若い本能は爆発してしまう。
彼の積極的なアプローチに
ユサ美の体も反応し、ついには絶頂を迎えてしまう。
そんな不倫劇を演じる2人だったが、
それを離れたところから覗く影が…
そうブクオとヒドキ…そしてよわ太の姿がそこに。
なんとよわ太は実の母の不倫現場を
ブクオとヒドキに無理やり見せられていたのだ。
そうとも知らずユサ美とお兄さんは激しい性行為を
風呂場で繰り広げてしまう。
絶望のよわ太。
自分の母親が目の前で
見ず知らずの若い男と愛し合っているのだ。
ショックを受けるよわ太であったが、
母と若い男の不倫劇はそれで終わりではなかった…。

<注意>
※人妻ユサ美と、配達員の男性との不倫劇がメインの作品です。
※胸揉み・大人の玩具のシーンは多少ありますが
ユサ美が不良コンビに男性器を挿入されるシーンはないので
 お買い上げの際はご注意ください。

・jpeg形式
・モノクロ漫画34ページ
・サイズは【1448×2048】版と
 解像度が半分の【724×1024】版の2種類を収録しています(中身は同じです)

母さんと配達員のお兄さんの不倫を二度も奴らに見せられた僕 母さんと配達員のお兄さんの不倫を二度も奴らに見せられた僕 母さんと配達員のお兄さんの不倫を二度も奴らに見せられた僕 母さんと配達員のお兄さんの不倫を二度も奴らに見せられた僕 母さんと配達員のお兄さんの不倫を二度も奴らに見せられた僕

「母さんと配達員のお兄さんの不倫を二度も奴らに見せられた僕」の続きはこちら