「パン屋のママの『お客さんにバレちゃうわ』」(ピエトロ)

パン屋のママの『お客さんにバレちゃうわ』

パン屋のママの『お客さんにバレちゃうわ』

サークル: ピエトロ
サークルHP:
発売日: 2017年12月24日 16時
ジャンル: 少年 母親 熟女 人妻 中出し 巨乳/爆乳

■あらすじ
下町。

そこは
ありふれた商店街の
ありふれたパン屋。

だがそこにいる親子の
関係はありふれたものではなかった。

『いらっしやいませー』
『カレーパン焼きたてですよ!』

と店内の客に明るく元気に声をかけるのは
パン屋を営むママである
しかし、

その声にはどこか震えるような
何かをこらえるような
のどを強く絞った声にも聞こえる。

『ママー…ヘヘヘ』
『もういいでしょ…恥ずかしいんだから』

後ろを振り向き少年『コウタ』に
ひそひそと話込むママであったが、

なんとママは下半身が丸裸になっていたのだ。
それはまだ驚く範囲ではない
さらにはオ○ンコにバイブを
ズボズボと突っ込んで
オ○ニーをしているのだ。

カウンター裏で絶対にあり得ない
事をしているママであるが、
もっと驚くべきはコウタだ。

ママのその部位を鑑賞し
自分の赤く勃起したチ〇ポを
ニギニギシコシコとオナっているのだ。

客との距離は1~2メートル。
ギリギリバレていない。

これがこの二人の日常なのである。

ママラブなコウタは
翌日にもなると
とぼとぼとカウンターの裏へ
やって来、、

『ねぇママ…起っちゃた…』

『…え?今?お客さんいっぱいよバレちゃうわ…』

『ヤダヤダヤダヤダヤダヤダ!!』
『死んじゃう!!死んじゃう!!』

泣きじゃくるコウタに手を焼くママは
同情も含め自らコウタのチ〇ポを
やさしく握りさっと口に含み
即フ〇ラ一発で発射するのだ、

次にさっと客の目を盗み
服を脱ぎパ〇ズリ、

さらにはスカートをたくり上げ
パンツを下ろしカウンターに両手をつき
ケツをコウタに差し出し
バックからのハメハメに応える、

コウタは性欲の限りをママの〇ンコへ
ズボズボする。

『んっあっ…そちらは売り切れてますが
 こっちならまだ残ってますよ…あンっああッ!』

さすがはママ。
こんな状況下でも難なく客の対応をしている。

そして
バレるかばれないかスリルの中、
最終的にママは
コウタの精子をその〇ンコで受け入れる―。

基本24p、差分総数48p、PDF同梱、
となります。よろしくお願いします。

パン屋のママの『お客さんにバレちゃうわ』 パン屋のママの『お客さんにバレちゃうわ』 パン屋のママの『お客さんにバレちゃうわ』

「パン屋のママの『お客さんにバレちゃうわ』」の続きはこちら