「シン・壊星の澄ちゃん。」(スタジオ・ジナシスタ!!)

シン・壊星の澄ちゃん。

シン・壊星の澄ちゃん。

サークル: スタジオ・ジナシスタ!!
サークルHP:
発売日: 2021年06月12日 0時
ジャンル: 萌え 健全 燃え 感動 癒し オールハッピー 女主人公 シリーズもの

その日、ひとつの戦いが終わった。

gyss0486シン・壊星の澄ちゃん。
<ヒロカワミズキの看板娘『ジナンドロモーフ・シスターズ』 シーズン43 “花鳥風月”>
その日、ひとつの戦いが終わった。

カオス・コアとともに協力して花子を倒し、さらにバハムート・コアが月子を裏切って神刀・ワカツマキリを澄に差し出しだことで、
花鳥風月の戦いによる勝者は、純粋な正義を重んじる若者・澄ちゃんで絶対的なものになった。

次元監獄に投獄される極悪熟女、花子と月子。花子の相棒・ブルードもまた、内に秘めたひとつの思いとともに、甘んじて悪しき相棒に従った罪を認め、ともにこの世界から去っていった。

告発による恩赦を認められたバハムート・コアは、自身の出生の真実を澄に話し、ワカツマキリを託して『本当の相棒』の元に戻っていく。
「『星の淀ちゃん』で月子が淀の力を奪い、バハムートが誕生した。つまり―――バハムート・コアの正体は、『もうひとりの』カオス・コア。」

星の淀ちゃんにカオス・コアがいなかった理由、オリジンカオスに相棒がいない理由。すべての真実とともに、相棒であるオリジンカオスのもとへと帰っていくバハムート・コア。
最初から、ずっと彼は正義だった。ふたりのカオス・コアによる絶対正義の勝利。それが、『ジナシス3.0の世界』を最終的に定義した、多様性と協調の礎であったのだった。

多様性と協調。それを守るためなら、どんな相手とでも戦う。
それが、ジナンドロモーフ・シスターズの、看板娘たちが10年間歩み続けて、導き出した答え。

抑止力たる神話の武器、乖別神器ワカツマキリを託された澄は、その『奪い取る』ための力を自分のために使うことなど微塵も考えず、手持ちぶさたに悩む。
その時、澄の戦いをずっと見守ってきたメイド姉妹たちが、母・神妙とその仲間たちが、深刻な面持ちで澄の元へと走ってきた。

「澄ちゃん…ひとつ、たったひとつだけ、お願いがあります。」

澄が手に入れたワカツマキリの使い道。そのたった一つの答え――――――失われた、たったひとつのきずなと過ちの、修復のために。

<看板娘・最終回・トゥルーエンド・オールハッピー・神話・現代劇・シリーズもの・連載・完結・親子愛>

—————————————-
<商品仕様>
看板娘の差分CG集。

基本4枚。差分込み全17ページ。

画像サイズ <4K-UHD>3840×2160 一部変形サイズあり。

[HP]https://itigota.x.fc2.com/
[e-mail]sgmcomplex@gmail.com
(c)ヒロカワミズキ/スタジオ・ジナシスタ!!

シン・壊星の澄ちゃん。

「シン・壊星の澄ちゃん。」の続きはこちら